マスク荒れを治したい! 対策とおすすめのスキンケア

お出かけの際に今や欠かせない存在となったマスク。暑い夏も継続しているマスク生活によって、ニキビや毛穴の汚れなどの肌荒れや肌のゆらぎに悩まされている方も多いのではないでしょうか。今回は、マスクが肌に与える影響と、マスク荒れを改善するスキンケア法についてお伝えしていきます。

マスク荒れを治したい! 対策とおすすめのスキンケア
 

1.なぜマスク荒れが起こるの?

1.なぜマスク荒れが起こるの?
マスクの長時間の着用により、マスク荒れが起こりやすくなるのはなぜでしょうか。その主な原因として、次の3つがあげられます。
 

【マスク荒れの原因1】摩擦による刺激

マスクを着脱したりズレを直したりするたび、肌と繊維がこすれ合います。すると角層表面が削られることで、肌のバリア機能が低下。デリケートな状態になり、ちょっとした刺激にも赤みやかぶれ、ニキビを起こしやすくなるのです。
 

【マスク荒れの原因2】蒸れ

呼気が充満するマスクの中は、温度・湿度が高く、雑菌が繁殖しやすい状態。汗や皮脂も増えることから、ニキビ・吹き出物ができやすくなります。
 

【マスク荒れの原因3】乾燥

マスクを外すと、内部の湿気が急激に蒸散。このとき肌内部の水分も奪われてしまうことから、肌の乾燥が進んでかさつき・ごわつきが起こりやすくなります。
 

2.マスク荒れの防止策

2.マスク荒れの防止策
 

【マスク荒れの防止策1】汗をかいたらこまめに拭く

マスク内の湿気で雑菌が繁殖するのを防ぐため、汗をかいたらウエットティッシュなどでこまめにふくことをおすすめします。再びマスクをつける前に、失われた肌のうるおいを保湿ケアで補っておくとよりよいです。
 

【マスク荒れの防止策2】ガーゼなどのやわらかい素材をはさむ

ガーゼタイプ綿のマスクだと肌への刺激を抑えられますが、感染拡大を防ぐうえでは不織布マスクのほうが効果を期待できるかもしれません。そのときの状況や肌の状態によって使い分けるとよいでしょう。不織布マスクを使う場合でも、同じ大きさの綿のガーゼを肌とのあいだに挟むと刺激が和らぎます。
 

【マスク荒れの防止策3】マスクを外したら丁寧に洗顔

帰宅後はすぐに手を洗い、清潔な手で洗顔料をしっかり泡立てて顔を洗いましょう。手ではなく泡でやさしく洗うことが大切です。洗顔後のスキンケアとしては、すぐに化粧水や乳液、クリームなどで保湿してください。暑い時期は汗や皮脂で肌がべたつくので、油分によるスキンケアを控えている方もおられるかもしれませんが、肌の潤いには油分も欠かせません。油分がクッションとなり、マスクの刺激も和らげてくれます。
 

3.マスク荒れに効果的なスキンケアは?

3.マスク荒れに効果的なスキンケアは?

マスク荒れによりデリケートになっている肌は、負担をかけずに丁寧にやさしくケアすることと保湿が大切です。肌のバリア機能が低下していることが多いので「セラミド」や「ヘパリン類似物質」が配合されたスキンケアがよいでしょう。しっかりとした保湿のためには、たっぷりと潤いを届けてくれる「アミノ酸」も欠かせません。肌荒れの時だけでなく普段のスキンケアでも取り入れたい成分の1つです。
 
また、保湿をさらに強化する一環として、クレイパックもおすすめです。クレイパックは古い角質を除去し、保湿されやすい肌に導く効果が期待されています。これらのスキンケアを行い、肌ストレスに負けない、肌が本来もつ機能をしっかり高めてあげることが重要になります。