毛穴の黒ずみをケアして、ツルツルの美白肌を手に入れよう!

毛穴トラブルの中でも特に気なる黒ずみ。美白のために日々のケアを頑張っていても、毛穴の黒ずみが目立つと、すっぴんに自信がもてなくなってしまうこともありますよね。今回は、美白肌の大敵、毛穴の黒ずみについて、原因やタイプ別のケア方法、洗顔法をお伝えしていきます。

毛穴の黒ずみをケアして、ツルツルの美白肌を手に入れよう!
 

【美白のための毛穴ケア1】まずは自分の毛穴のタイプを知ろう!

【美白のための毛穴ケア1】まずは自分の毛穴のタイプを知ろう!
 

毛穴の中の角栓が黒い場合は角栓毛穴かも

毛穴の黒ずみが気になる部分を触ってみて、ザラッとした感触があるなら「角栓」ができている可能性が。角栓の正体は、毛穴の奥にある皮脂腺から過剰に分泌された皮脂と、毛穴の中に残ってしまった角片が混ざり合ってできた塊です。毛穴がふさがれてしまうと、皮脂がスムーズに排出されず毛穴に詰まってしまうのです。
 

毛穴の縁が色素沈着しているならメラニン毛穴の可能性

黒ずみの中には紫外線ダメージによるメラニンや、角栓を無理に絞り出そうとして炎症を起こした色素沈着などによって、毛穴の縁が黒い場合もあります。詰まっていないのに黒ずんでいる毛穴は、これ以上悪化させないよう、刺激を与えないことも大切です。
 

【美白のための毛穴ケア2】タイプ別の毛穴ケア方法とは?

【美白のための毛穴ケア2】タイプ別の毛穴ケア方法とは?
 

角栓毛穴

こびりついた角栓には、吸着力の高いクレイパックを活用してみましょう。クレイパックは、泥の力で余分な皮脂汚れ、角栓などを吸着してくれる効果が期待されています。パラオ クリスタル ホワイトパックの白泥は、吸着力はもちろん保湿力にも優れているので、角栓を除去した後、しっとりとした肌を実感できます。
 

メラニン毛穴

毛穴の縁が色素沈着しているメラニン毛穴の場合は、肌の代謝を上げて、メラニンを排出しやすくすることが大切です。首を左右や後ろに傾けたり、湯船の中でわきの下をもみほぐすなど、血流が良くなるように意識していきましょう。また、美白美容液を取り入るのも有効です。しっかり美白ケアをすることで、メラニンの生成が抑制されていきます。
 

【美白のための毛穴ケア3】毛穴汚れフォーカス洗顔

【美白のための毛穴ケア3】毛穴汚れフォーカス洗顔
 

蒸しタオルで肌を温める

蒸しタオルは、水で濡らして軽く絞ったタオルをレンジで温めるだけでできます。それを広げて顔にしばらくかぶせ、毛穴が緩み汚れが落ちやすい状態をつくりましょう。
 

毛穴の気になる部分(Tゾーン)から洗う

まずはTゾーンから洗い、小鼻のわきは、逆側の手で鼻を倒してくぼみまで泡が届くようにします。下あごは舌で押し出して皮膚がのびた状態で、指先を細かく動かすとよいでしょう。
 

すすぎはソフトにぬるま湯で

バシャバシャと勢いよく水をかけるのではなく、手にためた水に肌をくぐらせるように優しく洗いましょう。
 
すっぴんの時もメイクをした時も、毛穴を感じさせないなめらか美白肌なら、鏡を見るたびにうれしい気持ちが湧いてきそうです。角栓ケアのポイントは「無理に取りすぎず、できにくくする」こと。毎日のスキンケアで角栓をなくして、ツルツルな美白肌を目指していきましょう。